介護は愛

*** PR ***

  • 私は、30代女性です。復縁 元彼

    仕事は介護とは、かけ離れているので、この年齢で、このような体験するとは思いませんでした。秘密の通学電車

    私の母は、60代ですが、まだまだ元気で病気一つしたことはありません。一つテンヤ

    今回の主人公は、母のまた母、そう私のおばあちゃんです。子育て 漫画

    といっても、私は小さい時から、父と母との三人家族、おばあちゃんとは、夏休みに遊びに行くくらいで、まさかこんなに長く一緒に過ごす機会が来るとは思いませんでした。美容

    おばあちゃんは、母の生まれ故郷で、一人暮らしをしていたんですが、廊下も張って歩くほど足が弱くなり、誰かの助けが必要となり、我が家にやって来ることとなりました。ヒメカノアフター

    生活スタイルも生活リズムも全く違う一からのスタートは正直、戸惑いのほうが大きかったです。吃音 治す

    今となってはいい思い出ですが。海野真理

    手仕事が得意なおばちゃん、いろいろ教えてくれたけど、認知症で何度も同じことを繰り返す・・・顔に出さずとも実はとてもつらかった。仁丹 ビフィズス菌

    でも、笑顔で笑ってくれた時、すべてが吹っ飛びました。

    色々なご年配の写真を見る機会があったのですが、心から笑っていない方の写真は私は違うと思っています。

    その方が心からの笑顔で写っている写真、それが大好きです。

    そんな瞬間が何度も撮れた写真が残ったことが、私の財産です。

    人間はただ生きるのではなく、よかったと結果思えるものがある、それが介護。

    私の年齢ですと、なかなか人は年を取る、体が弱るなんていうことは、実感がなく、おばあちゃんを通して、人間の一生、人の体、変化があって当たり前ということを学んだように思います。