モンペと戦う先生

*** PR ***

  • 私は小学生の子供をもつ母親です。脱毛

    今の小学校は「脱ゆとり」を掲げて 2学期制が3学期制に戻り、土曜日休日もなくなる方向のようです。美容

    私が子供の頃のように。短期バイト/単発バイト/求人/募集

    私はいわゆる「つめこみ教育」の世代ですが、とにかく子供の人数が多かったです。エマーキット 口コミ

    親も働きづめで、学校のことは先生にお任せで丸投げ状態。女性の薄毛 治療費用

    そのかわり先生のすることに口を出すことはありませんでした。キャッシング

    先生を「尊敬の対象」として見ていたのだと思います。http://www.portturkey.co/

    母は家庭訪問に先生がくると玄関で三つ指をついてお辞儀でお出迎え、お見送り。美容

    そういう姿を見て育った私たちが今、子を持つ親になりました。

    しかし学校を取り巻く様相はすっかり変わってしまいました。

    しかし学校を取り巻く様相はすっかり変わってしまいました。

    親が口を出すのです。

    数十分、下校が遅くなっただけでクレーム。

    習い事の時間に間に合わないという理由で。

    あと宿題も多ければ多いでクレーム。

    少なければ少ないでクレーム。

    私が聞いた中でも驚いたのが 「全く宿題をしないので、もう、うちの子には宿題を出さないでください」と 先生に言った親御さんがいたそうです。

    先生はそういった、いわゆる「モンスターペアレント」の対応に 四苦八苦されているようです。

    モンペへの対応に気が取られて 子供たちへの対応が手薄になっては本末転倒ですよね。

    新卒で新任した先生なんて、日に日に顔に疲れの色が見て取れて 心配になりましたから。

    こういうモンペと渡り合うにはベテラン教師以上に 社会経験の豊富で「先生というと世界」だけではなく色々な 社会を見てきた方じゃないかと思うのですが、いかがでしょうか。