アルコール依存症とミュゼの脱毛に関係があるの?

ミュゼではアルコールを飲んだ状態や依存症の人は施術はお断りするとの注意書きをしています。

でも、アルコールと全身脱毛に何の関係があるのか不思議ですよね。

お酒を飲んでいる状態というのは血行が良くなって体温が上がってしまっている状態です。

そうすると、身体は体温を下げようと働くのですが、その時体内の大量の水分が奪われます。

お酒を飲んだ後に喉が渇くのはそのせいなんです。

お酒を飲んでいる状態だと、体内の水分が不足しているのに、ミュゼプラチナムの脱毛はさらに光を当てて熱を加えるので余計に肌が乾燥したり、肌トラブルの原因となってしまいます。

それから、血行が良くなりすぎることで肌がかゆくなってしまうこともありますし、痛みを感じてしまうことすらあります。

アルコール中毒になっている人は、日常的にお酒を飲まずにはいられない状態ですよね。

ですから、ミュゼでは、お酒を飲んだ直後やアルコールが抜けきっていない状態で来店する可能性の高いアルコール依存症の人への施術を断っているようです。

ミュゼはサービスの品質も高く、口コミでの評判の高いサロンだからこそ、安全性をしっかり考えているので、この部分は徹底されているようです。

関連記事